骨粗しょう症は背骨が体の重みでつぶれて変形し、圧迫骨折が折りやすくなる疾患

骨粗鬆症は、背骨がもろくなり、背骨が体の重みでつぶれてしまったり変形することで圧迫骨折が起こりやすくなったり、あるいは、背中が曲がったり、姿勢が悪くなったりする疾患です。

そのために、日常生活がいつも通りに支障なく過ごすことが出来づらくなります。

骨粗鬆症は、圧倒的に女性に多い疾患です。

なぜならば、閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少していき、60歳代では2人に1人が発症し、 70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症を発症するからです。

これは、女性ホルモンが骨の新陳代謝に深くかかわっているからだと言われています。

加齢だけではなく、遺伝的な体質、偏食や不必要な過激なダイエット、喫煙や過度の飲酒、運動習慣なども骨粗鬆症の原因として考えられるようになっています。

そのため、若い女性であっても骨粗鬆症になっている場合もあるほどです。

また、他の病気を発症しているためにその影響によって骨粗鬆症になりやすくなるケースも珍しくありません。

たとえば、関節リウマチもそうです。

骨粗鬆症により動きに制限がでたり、介護が必要になったり、寝たきりになったりと様々な支障が出て来ます。

そのため、出来る限り予防を行ったり発症しても進行させない工夫や治療を行うことが重要です。

名医が勧めるのは、出来るだけ機能を落とさないために、食生活の改善を上げます。

カルシウム不足にならないためにも、出来るだけバランスの良い食事のメニューを工夫するのが必要です。

また、名医が指導する運動や体操もお勧めです。

普段から積極的に出来る範囲の運動や体操を行うことが、筋力を維持し続けることや骨の強化を目指せるからです。

そして、名医が実際に行う治療方法には、骨粗鬆症のための点滴、内服薬、注射があります。

点滴では4週ごとに一回受けるだけで可能な薬も登場していますし、自己注射で行えるものもあります。

内服薬では、1週間に一度服用すれば可能な薬も広く使われています。

骨粗鬆症の症状や程度に合わせた選択を患者と相談した上で、適切な方法で行えるように処方をしてもらえるようになります。

それから、経過観察をするために名医は骨粗鬆症の数値を確認する検査を定期的に行います。

加齢に伴って女性のほとんどが発症するのが骨粗鬆症ですので、こうした名医による様々な提案を実践したり、適切な治療を受けるのが進行の防止や数値の改善も目指せるのでお勧めです。

骨折を起こしやすくなることで、寝たきりの原因にもなっているため、特に高齢者に対して医療機関では従来よりも積極的に骨粗鬆症の治療を行うようになっています